海水系アクアリウム

赤色の脚がカワイイ!レッドレッグハーミットクラブというヤドカリさん

真紅の脚!レッドレッグハーミットクラブ!

海水の水槽やってると、砂地になんかいないと寂しいもんです。ということで、海水水槽内にヤドカリを導入しています。

ヤドカリって海でよく見かけます。磯なんてとくにフナムシと張れるほどの数がいるんじゃないかと思うくらいなんですね~。まあフナムシの方がビジュアル的にアレなもんできっとそっちのほうが多いかもなんだけど。

ヤドカリは小さいものからかなり大きいヤツまでいるんですが、大きいヤツは見た目もかなりゴツイのですね。

ショップで見かけるヤドカリは貝殻はともかく、本体はきれいな模様が多いです。

今回は「レッドレッグハーミットクラブ」という種類を導入。別名スカーレットリーフハーミットクラブです。どちらが別名かよく知らんのだけど、スカーレットって書くとなんかカッコよく見えます。

 

レッドレッグハーミットクラブとは?

レッドレッグハーミットクラブ

レッドレッグハーミットクラブに限らず、アクアリウムにおいてのヤドカリは底砂やライブロックに残っている餌、そしてコケもついでに処理する役目で導入します。

ヤドカリは残餌処理としてお仕事をしてほしいのですが、このレッドレッグハーミットクラブさんは観賞用としてもきれいだと思います。赤色の身体がけっこう目立ちます。

今回赤ちゃんサイズ?のレッドレッグハーミットクラブを3匹導入しています。

ショップでも時々見かける種類ではありますが、通販でもあるようです。

通販で購入する場合、ショップによっては引っ越し用の貝殻をオマケで付けてくれることもあるようです。直接購入する場合は貝殻もある程度見ておくとよさそうです。だいたい50円~で販売されてるかも。

うちでは、コケ取り貝が遺した貝殻を洗浄してまた水槽内に沈めておきます。ヤドカリが気に入れば引っ越すこともありましたね~。

今回のレッドレッグハーミットクラブは1cmサイズなので、それより少し大きめな貝殻を用意してあげる必要があるかもです。

 

きれいな種類のヤドカリ

HermitCrab NOAA.jpg
画像引用:wikimedia

ショップで販売されるヤドカリはきれいな種類が多いですね~。

レッドレッグハーミットクラブのほかによく見かけるのは

  • ユビワサンゴヤドカリ
  •  スベスベサンゴヤドカリ
  • ヤドカリ(ふつうの)

 

 

レッドレッグハーミットクラブ まとめ

 

レッドレッグハーミットクラブ:

  • 赤い身体が特徴的な美しいヤドカリ。
  • ショップでは時々見かける。
  • 見た感じでは若干のんびりめに底砂で何かつまんでる感じ。
  • カワイイ
  • 基本的に1000円以上するそうですが、サイズ感なのか380円くらいで購入。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です