インテリア雑貨・グッズ

アクアリウムのクーラー高すぎ!冷却ファンで乗り切れるか!という話。

水槽用クーラーとファン

夏がやってきた!水温調節に悩む時期になる・・

アクアリウムを趣味としている人はどうしても避けて通れない水温管理。今年も暑い夏がやってきますね!もう既に急激な気温変化と衣替えにのびてしまいがちですが、とりあえず元気を出していきましょう。りんずです。

こんばんわぁ>ω<

アクアリウムに必要不可欠なヒーター。ヒーターは普段販売されている水槽セットに一緒に入ってることも少なくありませんが、高水温対策のツールってほとんど入ってないですよね~。

一般的に水温は26℃あたりがちょうどよいと言われていますが、油断すると28℃~になってしまい、30℃超えたら大ピンチ!

しかし、水槽用クーラーって水槽セットなみ、それどころか数倍の価格もすることだってありますよね。いくらなんでも気軽に買えんわい!と思うんですが、生き物の生命には換えられないものがあります。

クーラーが無くても、冷却ファンでなんとか乗り切りたい!という記事です。

 

水槽用クーラーが高すぎてヤバイ

アクアリウム関係のブログでは「おススメ水槽用クーラーのランキングー!」という内容が多いかと思われますが、いやいやこっちが求めてるのはいかに安い価格で水槽の温度下げたいってとこですやん!という思いの人だってきっといます。むしろ自分自身。

あとは、小型水槽なんですけど、スペックが大げさすぎてそこまで求めてないんです。っていう人だってきっといます。これも自分自身なんですけどね・・。

ちょっとネットで参考にしようとしても数万~数十万とか、なかなかカートに入れるボタンさえ押せない状況です。

こんな感じのクーラーがあればもうオールシーズンで余裕の対策が出来ますよね!めっちゃ欲しいところです。

水槽用のクーラーで求めたいものっていうのは

  • 置くスペースが出来るだけ小さく済む
  • 音がうるさくない
  • 価格が安ければそれに越したことはない
  • 水温の設定が安定すれば節電する的な機能

思いつくだけで、だいたいこんな感じかなーと思います。

でも、やっぱ買おうと思ってもけっこう高いんですよね~。

 

以前、熱帯魚90cm水槽(90×60×60)を運用していた時のクーラーでも40000円ほどかけました。正直買う時めっちゃ迷ったんですが、非常に助かった記憶があります。

外部フィルターに接続するタイプでした。サーモスタット機能も備えていたので冬の時期も活躍しましたね~。

たしか、GEX製のクーラーを使用。90cm水槽なので160リットルのスペックで賄えたはず。

クーラーでもヒーターでも水槽のスペックより1ランク上のを使用するとよいと言われています。ギリギリだと100%の効力が出せない可能性があるとか。

 

クーラーが買えなければ冷却ファンを考える

水槽 冷却ファン

クーラーなんて高くて無理!とか、水槽の設置場所の関係でそんな大きいもの置けないです。という事情もあるかと思われます。

クーラーより若干信頼度が危うい感も否めないんですが、安価で設置も難しくない冷却ファンというのがあります。夏の暑い時期の水温上昇対策として導入します。

なんか急に暑くなってきたけどお金ないし、水槽触るヒマもあんまり無いし!という場合は買ってきてすぐに設置できる冷却ファンは便利かな~と思います。

 

数万~数十万するクーラーに対して、冷却ファンは数千円くらいで済みます。

モノによってはサーモスタット付きで一定の水温をキープ出来ればファンが止まるという機能もあり、静音性も高いものもあります。

 

今回、テトラ製の冷却ファン、25℃キープのダブルクールファンを導入。久しく冷却ファンは使っていなかったんだけど、いつの間にダブルファン仕様になったのかと!

水槽 夏対策

このように、ファンが2個付いています。

電源はひとつなので、ケーブルが二股に分かれている形になっています。ひとつの水槽を集中的に冷やすか、ふたつの水槽に1個ずつ設置するとか使い方は様々ですね~。

今回はうちの海水水槽(Shell2)に設置するので、裏側(フィルター側)ともうひとつどこかに付けようかなと画策しております。

 

冷却ファンをふたつも設置すると水の蒸発が半端なさそうな気もしますが、効果は抜群なのかもーと期待しております。

 

まとめ

水槽 冷却ファン

ここ最近で気温も高くなってきたし、夏の水温対策を講じなければならんということで導入する冷却ファン。当然メリットもデメリットもあります。

メリット:

  • 価格が安い。
  • 思い立ってすぐに設置可能。手間かからない。
  • ほとんどが水槽上部で挟む形なので、別途置き場所を考えなくてよい。

デメリット:

  • ホントにこんなんで冷えるのか・・とちょっと思うかも。
  • 水が蒸発しやすいので足し水の頻度が増える。
  • 海水の場合、塩分濃度も変わるので気を付けたい。
  • 音が気になる、水槽のレイアウトがカッコ悪くなることも。

個人的にはクーラーの初期投資を考えると、とりあえず今年はこれで乗り切る・・!というくらいの気持ちで設置かな~と思います。

ただ、冷却ファン単体では思うように成果が出ないかもしれない、という思いもあり、例えば凍らせたペットボトルを入れておく、水槽がある周辺の気温を上げない、などといった別の対策も併用するとよいかなーと思いますね~。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です