淡水系アクアリウム

【アカヒレ考察】観賞用から餌用まで幅広く流通する熱帯魚。レアな種類も?

アカヒレ、実は奥深い?

ネオンテトラやカージナルテトラ、グッピーなどアクアリウムのショップにはほぼ確実に在庫があるかと思われる種類ですが、今回紹介する「アカヒレ」と呼ばれる魚も幅広く流通しています。

アカヒレは丈夫で、水温10℃くらいでも耐えられる温帯魚系の熱帯魚。←書いてて混乱しがち

初心者の方にもやさしく、水槽を立ち上げたばかりに入れられる「パイロットフィッシュ」としての役割も果たし、安価で大量に手に入るということで肉食魚の餌用にもされ、しかし飼い込むと侮れないほどきれいな体色を放ち、更に繁殖も狙うことも出来て、更に更にレア種も時々流通するっていう、なんだか実はすごく面白いんじゃないかなーと考えられます。りんずです。

こんばんわぁ>ω<

個人的にも過去に何度かアカヒレを飼いました。飼育経験から基づく情報を紹介してみようかと思いますー。

 

コッピーという名前で瓶詰めセットでも販売する。

アカヒレは温帯魚という括りから室内であれば冬もヒーターなしでも耐えらえる、ということから瓶詰めでセット販売されることもあります。商品名は「コッピー」となり、コップで飼えるからコッピーなわけなのか・・と思います。

小さいボトルでも1匹~2匹で飼うことは出来るんですが、やはり余裕のある水槽でのびのびと泳がせてあげられれば体色や体型もきれいに見えるような気がするので、個人的にはあまりボトル飼いはおススメじゃないかなーと感じます。

 

アカヒレの種類、レアなヤツも?

アクアリウムショップで大概在庫があると思われるアカヒレさん。時に飼育用、時に餌用として扱いは様々。

こちらではアカヒレの種類はこんなのがいるんだよーってのを紹介しています。

アカヒレ(ノーマル)

中国の広東省にある白雲山で発見されたといわれる淡水魚。

赤いヒレが特徴のメタリック調のブラウンと銀色のラインの魚。白雲山の原種はほとんどおなくなり、ブリード個体が一般的に流通されているそうです。

ネオンテトラが高級魚だった頃はプアマンズテトラと呼ばれ、貧乏テトラって言われてたんですって。なんだかかわいそうやな。

 

ベトナムアカヒレ

ノーマルのアカヒレ原種(中国・白雲山)がほとんど見られなくなったあとに、ベトナムで発見された種です。

黒いラインが目立つ印象ですね~。

ノーマルに比べ、ベトナム産は温帯より熱帯性であるためボトルでのヒーターなしでの飼育には向いていない、とされています。価格はノーマルより高め。

 

ゴールデンアカヒレ

アカヒレの突然変異種を固定化した改良品種。

その名前のとおり、黄金色、というか黄色がかった色で、アカヒレの群生の中で泳がせるとひと際目立つ種類です。10匹に1匹くらいの割合でアクセント的に入れると面白いかもしれないですね!

 

ロングフィンアカヒレ

アカヒレのヒレ部分が長く美しくなる種類。ショップでもあまり見かけない印象、だったんだけど近所のホームセンターの熱帯魚コーナーでうっかり発見してしまい、2chのアクア板で買うべきか訊いたところ、すぐさま買うべし!とのリプを頂いたことがあります。

価格はノーマルよりけっこう高い、けどきれい。カッコイイ。主役級!

オスが威嚇や求愛目的でヒレを大きく広げるフィンスプレッディングという行動も大きく見えます。

 

アカヒレを飼った経験

似たような大きさの熱帯魚との混泳もOK、餌の食いつきもよし、そして丈夫。繁殖も狙えるよ、とアカヒレもまた色々楽しめる種類。

飼育経験上では、様々な種類と混泳させていたので繁殖は狙えなかったのですが、幼魚サイズを投入し、立派な成魚サイズになるまで育ちました。

寿命としては3年~4年くらいで、うちの水槽でもだいたいそれくらいの期間過ごしてくれました。全部が全部生き残ったわけではありませんが、弱る個体はやはり落ちてエビなどの餌となり果てていました。

 

個人的に飼って満足だったのはやはりロングフィンアカヒレで、10匹前後を水槽に投入。飼育していく期間が経つにつれ、長いヒレが更に伸びた・・・かも。

 

アカヒレ まとめ

アカヒレ(white cloud mountain minnow):

  • 原産:中国広東省・白雲山
  • 品種:アカヒレ、ベトナム、ゴールデン、ロングフィン
  • 特徴:水温、水質の順応性が高い。温帯性(ベトナムは熱帯性)
  • 餌:様々な餌を食べる。
  • 寿命:3年~4年前後(個人的経験則)
  • 価格:10円~1000円

ノーマルのアカヒレ、とくに餌用としては単価10円以下くらい。

ロングフィンアカヒレはレアとして流通するようで、高いと1000円ほどすることもあるそうです。過去に買った価格はそこまでしなかった気もするけど、5匹まとめで2000円ちょっと下回ったような気もするかな・・。

 

新型コロナウィルス感染拡大のため、なかなか外に出にくい状況でメダカ飼育が注目されている、との話があります。

新型コロナでメダカ飼育に注目される
新型コロナ禍、自宅での癒しにメダカ飼育が注目される?って話なんだが。新型コロナウィルスの感染で自宅にこもることが多くなる中、癒し効果が期待されるとしてメダカの飼育が注目されている、といわれる記事です。アクアリウムより手軽に始められる、カワイイ。見てて楽しいと女性や子どもさんにも支持される趣味のひとつとされています。...

しかし、アカヒレだって美しく丈夫で飼いやすい種類なんですよー。おススメですよー!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です